鳴く虫と郷町

鳴く虫と郷町について

2006年スタート。毎年9月に約10日間開催。

江戸時代の庶民の秋の楽しみ方である「虫聴き」という風習を現代風にアレンジした企画で、伊丹郷町館「旧岡田家住宅・酒蔵(国指定重要文化財)」を中心に、虫の音を聴きながら日本の秋を愛でる期間です。

江戸時代から酒造業などで栄えてきた伊丹市内、郷町界隈の酒蔵、商店街、文化施設、街路樹で、鈴虫など秋の鳴く虫約15種3,000匹を展示したり、音楽、飲食、文化といった沢山の関連イベントが見所で、限定メニューも登場します。

2015年には、地方新聞45紙と共同通信社が設けた「第6回地域再生大賞」の優秀賞を受賞しました。